お悩み別-逮捕されそうで困っている

  • 援助交際したことがあるが、バレるのではないか心配
  • 万引きしたが、おそらく監視カメラに写っていたと思う
  • 被害者から「刑事告訴する」と言われている

犯罪行為をしてしまい、逮捕されそうでお悩みなら早めに弁護士までご相談ください。

 

1.早期に示談交渉をすれば逮捕されない

早期に示談交渉をすれば逮捕されない加害者が「逮捕されそう」と感じる場合、被害者から「被害届を出す」「刑事告訴する」などと言われているケースがよくあります。また何も言われていなくても「もしかして今頃被害届を出されているかも」と心配になるケースもあります。

このように被害者がいる事件であれば、早期に被害者と示談することによって逮捕を避けられます。示談が成立してきちんと賠償金を支払えば、被害者は被害届を出したり刑事告訴したりしないからです。よほどの重罪でなければ、通常は警察の方も「示談が成立しているのであれば、もう良いのではないか」と考えます。

逮捕が心配なら、早急に示談交渉を開始しましょう。

そうはいっても加害者が自分で被害者に連絡を入れて示談交渉を進めるのは困難です。そもそも被害者の連絡先を知らないこともありますし、連絡を入れたことによって被害者が怯えて被害届を出されてしまうかもしれません。

このような場合には、弁護士に示談交渉をお任せ下さい。弁護士が法律の専門家としての代理人の立場で被害者に連絡を入れ丁寧な態度で示談を進めれば、被害者も受け入れやすいものです。

 

2.自首すると減刑してもらえる可能性がある

被害者のいない犯罪では示談を進めることができません。また被害者がいる事件でも被害者が示談に応じてくれないケースもあるでしょう。

そのような場合、自ら自首することによって処分を軽くしてもらえる可能性があります。

自首とは犯罪事実が捜査機関に発覚する前に自主的に捜査機関に出頭することです。犯罪が発覚してから出頭しても自首にはなりません。

自首すると、裁判になったときに刑罰を減軽してもらえる可能性があります。

また自首したことによって情状が良くなるので、不起訴にしてもらえる可能性も高くなります。

逮捕された後重大な刑罰が予想される場合などには、自首も検討しましょう。

一人で自首の準備をして警察に出頭するのは大変な勇気が要るものです。迷われているなら弁護士がサポートしますし、警察へ同行することも可能です。もちろん自首を強要することはありませんので、一度お気軽にご相談下さい。

逮捕されそうで不安なまま毎日を過ごすのは苦しいものです。弁護士に相談することで問題点を整理し、スッキリした気持ちで毎日を過ごしましょう。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー